桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 桜恋唄文芸集 » 邂逅 » 邂逅 [27-06]

邂逅 [27-06]

Contents

contents

黄泉の耳や角はレーダーで、音だけじゃなく妖気の異変も察知できるのです(強引)

「おい、勝手に触んな!」

 黒鵺が慌てて振り返った。楠樹はしげしげと紅い石を見つめていた。

「何か、妖術でも掛かっているのか?」
「あ? ……ああ、霊力を蓄える術と結界破りだったかな。流石に妖術師には分かるか。」

 楠樹はしばらく角度を変えながら眺め、やがて無造作に黒鵺へと突っ返した。黒鵺は顔をしかめながらペンダントを首にかけ直した。

「楠樹、霊界特防隊に何か動きは?」

 黄泉が呼び掛けた。楠樹は面倒臭そうに答えた。

「何もない。連中はオレの監視に来てるだけだから何も期待するな。」
「それは事実か? 本館には今いないようだが。」
「知るか。サボってんだろ? こっちだって四六時中張りつかれるのは御免だぜ。」

 と、

 ジリリリリリ……!!

 急に、楠樹のポケットからけたたましい電子音が鳴り出した。

「! 何だ?」
「特防隊の緊急警報だ。だが一体何処で……」
「新館の裏だ。異常な妖気の上昇がある。しかしこの妖気、まさか……蔵馬か!?」

 黄泉の聴覚が事態をいち早く察知した。楠樹の顔色が変わった。

「何だと!?」

 彼は突如、窓から外へ飛び降りた。只ならぬ様子に黄泉と鴉もすかさず後を追った。

「あ、おい!」

 黒鵺が部屋に独り残された。彼は三人を見送りながら、思わず苦い顔でつぶやいた。

「確かに、隠れたままだと色々やりにくいんだよな……。」

 楠樹達は新館の裏庭へ辿り着いた。そこには仁王立ちの蔵馬と、その前で腰を抜かしている有瀬ら特防隊の面々の姿があった。

 突然、頭上の樹木が一斉に有瀬達へ襲い掛かった。

「くそっ!」

 楠樹が紡錘を振り回した。絡め取られた枝は糸に切り裂かれ、地面にばらばらと降り注いだ。蔵馬がゆっくり振り向いた。楠樹は武器を握ったまま、彼女を真直ぐ睨みつけた。

「お前は御頭ではないな?」
「なに!?」

 鴉と黄泉が息を飲んだ。有瀬が跳び上がった。

「エッ!? まさかっ……」
「お前が、“蒼龍妃”……!?」

 ふっと、蔵馬の口許に笑みが浮かんだ。

 ゴオオオオォォォ……!!

 突如、蔵馬の身体から白い妖気が燃え上がった。銀の髪がゆらりと宙に浮かんだ。

「う……!!」

 その烈しさに皆、身を庇った。蔵馬……否、“蒼龍妃”はちらりと、有瀬達を一瞥した。

「──命拾いしたな、霊界の走狗共よ。」
「!!」

2012-10-01 21:05

||

コメント

まだコメントはありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ