桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 桜恋唄文芸集 » Our Promise Still Holds » Found It - 第9章 約束の行方 [2]

Found It - 第9章 約束の行方 [2]

Contents

contents

実は当初「ダメエエェェェ!!」と叫びながら霧風を遮る小龍!というオチを考えてました… (笑

 皆の視線が私に集まった。私は慌てて背を向けた。と、

「こら、逃げるなよ。」
「……」

 退路を断たれ私は観念して項垂れた。彼は皆へと向き直り、突如かしこまって呼びかけた。

「丁度皆さんお集まりだから、この場の全員に立ち会ってもらうぜ。」
「エ?」
「何に。」
「この項羽の、一世一代のプロポーズにさ。」

 とん、と私の肩に手を乗せ、項羽は得意げにウインクした。

「ええええぇぇぇっっ!!?」

 皆が一斉に仰け反った。どよめきの中、項羽は私へ向き合った。

「これだけ証人用意すれば文句ないだろ。約束は守ったからな。」
(ぐ……)

 声が笑っている。やはりこの男を迂闊に突くと手痛いしっぺ返しが待っている。私はつくづく自分の浅はかさを後悔した。

「ちょ、ちょっと待て!! お前らいつの間にそんな仲になってたんだ!?」
「約束って、何の話ですか!?」
「いーから外野は黙ってな。さあ、顔を上げて。」

 騒がしい周囲をやんわり制し、項羽はうつむく私にささやいた。皆がしんと静かになった。恐る恐る顔を上げると、彼の方が緊張して下を向いていた。

「……まずはその、待たせて御免。」

 うつむいたまま、ぼそりと項羽が切り出した。

「別に、待ってないっ。」
「話終わらすなよ頼むから。」

 彼が苦笑した。張り詰めた空気が少しほぐれて、私達はようやく直に視線を合わせた。項羽が再び口を開いた。

「あのさ、間も空いたからもう一度言わせて。オレ、お前が好きなんだ。いつからなのか思い出せないくらい、昔からずっとお前しか見えてなかった。」

 頬が熱くなり、私はふっと息をこぼした。誰かがひゅう、と口笛を鳴らした。項羽の瞳が微かに揺れた。

「オレ達はいつも、口を開けば言い争ってばかりだったよな。でもお前は素直じゃないから、つれない態度も好意の裏返しなんだと……半分妄想だけど、ずっとそう思ってたよ。そのくせ時々、本気で毛嫌いされてるんじゃないかと不安にもなった。強気になったり弱気になったり、うだうだ馬鹿みたいに悩んでた。」

 一言一言を噛み締めるように、項羽はゆっくり言葉を選んでいた。私はその全てを胸に刻みたくて、黙って聞き入っていた。

「でも、確信したんだ。オレを里に連れ帰ってくれたのも、記憶を取り戻すきっかけを探してくれたのも、炎の中からオレを助け出してくれたのも全部お前だった。お前がいたからオレは今ここにいる。オレ達の運命はもう決まってて、これ以上遠回りは要らないって。約束する。これから先何度お前のこと忘れても、また何度でも思い出すよ。だから……」

 そっと項羽を見上げる。視線が触れ合い、彼は照れ臭そうにうつむいた。少しためらい、そしてもう一度、顔を上げた。

「……返事、聞かせてほしい。」

 胸が一杯になり、私は思わず目を閉じた。風魔の曲者と称された男。その彼が無防備な素顔をさらけ出して今、私の前に立っている。

 ──!──

 不意に、蝉の声が聞こえたような気がした。緑薫る林の中、木漏れ日を浴びて項羽が立っている。心を揺らす言葉。胸の深くへ射し込む、夏の太陽のような眼差し。私の想いはあの夏の日、既に一つに定まっていた。

(……今更、迷うことなど何もない。)

 私はそっと目を開けた。胸が高鳴り、深く息を吸い込んだ。項羽が私を見つめている。皆も固唾を呑んで私の言葉を待っている。自然と表情が和らいで、私は静かに口を開いた。

「答えは────」

[完]

2009-06-14 09:00

コメント

まだコメントはありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ