桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 桜恋唄文芸集 » Our Promise Still Holds » Found It - 第7章 数が示すもの [1]

Found It - 第7章 数が示すもの [1]

Contents

contents

この辺の計算は全て Excel にお任せしました (笑)

 昼食後。私は道場の中で項羽の手帳と向き合っていた。朝は快晴だった空が突然雲に覆われ、雷まで鳴り始めたために午後の作業が中止となった。つい先程まで私達は剥き出しの木材が濡れないようブルーシートを掛ける作業に追われていた。男達は今頃テントを引き上げ、完成したばかりの寺屋の中へ避難している頃だろう。

(本当に、事務的な手帳だな。)

 中身に目を通して私は溜息をついた。黒い革のカバーにリフィルが挟まっている。見開きでひと月が見渡せるタイプで、任務の予定が事細かく書き込まれている一方、期待していた私的な内容は一切記入されていない。それにしても項羽の筆跡を目にするのは数年ぶりで、紙を繰りながら不思議な懐かしさが込み上げてきた。

(こいつ、やっぱり忍文字が嫌いなんだな。)

 最初のページに戻りながら私は思わず苦笑した。昔から項羽は相当の秘匿性を要する文書以外、滅多に忍文字を使わなかった。「画数が多すぎてオレの思考速度に手が追いつかないから」と、そんなことを嘯いていた記憶がある。

「──?」

 ページをめくり、私はふとある日の升に目を留めた。昨年三月中旬のある日。目を凝らさないと見過ごしそうな黄色のインクで、小さく「1000」という数字が記されている。

(千? 誰かに借金でもしたのか?)

 それにしては金額がせこいような気もする。私は更にページをめくり、他の月にも同様の書き込みがないか探した。すると、七月下旬のある日の欄に同じ色で書かれた「863」という数字を見つけた。

「!」

 同時に、大きく心臓が波打った。私はまじまじとその日付を見つめた。

 ──あの日だ──

 間違いない。私にとって特別な意味を持つ日。項羽と二人、“あの約束”を交わした日だった。

(どうしてこの日に書き込みが?)

 急速に、不可解な数字が身近なものに思えてきた。

 ──もしかして、あの約束に関係が──

 他の月も探してみたが新たな書き込みは見当たらなかった。そのことがかえって、数字とあの出来事の関連を強く示唆しているように思えた。

(……でも、数字の意味は一体? それに「1000」の日付は……)

 七月はともかく三月の日付には思い当たる節がない。私は二つのページを行き来し、数字を見比べた。両者の日付には四ヶ月と半分ほどの間隔がある。一年の三分の一強、日数にして140日くらい……

「!」

 瞬間、私の頭の中で何かが弾けた。私は急いで三月のページへ戻り、「1000」の数字が記された日から注意深く日にちを数え始めた。

(1000、999、998、997──)

 一日進む毎に数字を一つ下げていく。升目を飛ばさぬよう、私は区切りの数字ごとに印をつけて数え続けた。

(──865、864、863。)
「やはり……!」

 予想が的中し、私は思わずつぶやいた。あの七月下旬の日は「1000」と記された日から数えて丁度、「863」に当たる日付だった。

(ならばもしかして、あの数字も?)

 逸る気持ちを抑えつつ、私は更に数え進めた。

(──789、788、787!)

 再び予想は的中した。「787」、項羽の隠し部屋の黒板に記されていたあの数字。それがあの部屋の日めくりカレンダーが示していた十月の日付と一致した。もう疑いの余地はない。彼は日めくりと黒板をセットにし、毎日カウントダウンしていたのだ。「1000」と記された昨年三月の日から、きっかり千日後にある何かを。

2009-06-14 09:00

||

コメント

まだコメントはありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ