桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 桜枝作業日誌 » 名前を考えるのは難しい

名前を考えるのは難しい

Contents

Writer:
桜枝真央
Category:
桜枝作業日誌
Posted on:
2010-05-13 22:49

 名前…とはいっても実在の子供につける話じゃないので専ら見た目と読みで決まるわけですが。小説だと特に「見た目」って大事です。今考えているのは霞または霧という字が入った女の子の名前。このままだと「霞」になってしまうけど、それじゃひねりがなさ過ぎるなぁと。あまり可愛らしくなく、でも女らしい綺麗な名前にしたいものです。霞とか霧ってそもそも画数が多くて女性向けの字じゃない気がするorz

 またも風小次小説のネタを思いついてしまったのです (この忙しい時に!)。人に公開するレベルじゃないので興味が続くまではプロット書いて、もしちゃんと完成したらいいなという程度。最近こんなのばっかり…。年々根気が続かなくなっているなぁ。幽白も風小次も最近、自分の中で設定が固まったせいで逆に創作しにくくなっているのかもしれません。

||

コメント

Written by
綺羅津
Posted on
2010-05-14 19:41

私の場合、キャラのネーミングは結構急に思いついたりして、後は周りとの兼ね合い(キャラの種族と合っているかとか、他キャラと被ってないかとか)で何とかしてます。

設定を考えるに当たって、名前から性別まで変える事も結構あったりします(爆弾娘も、初めは警部の上司設定の男→女刑事(ポジションは一緒)→現在の設定と言う流れでいろいろ変更)。

実は私も、AAや桜恋歌ネタ以外にまたしても新しい妄想(しかも幽白でなく、もう一つの趣味の…)が生まれつつあります(爆)。続きはメールで。

Written by
sakurae
Posted on
2010-05-14 23:47

私の場合、脇役の命名は凄まじく適当ですね…。
今までで一番適当だったのが『邂逅』19章冒頭、無断外出してる蔵馬の部下 (笑)!
でも今回のように主役級キャラや主役と関わりの深い (≒後で使い回す予定の) キャラには
結構真面目に名前考えたりもします。
…と言いつつ実は紫と楠樹は超適当でした (^^; )。特に楠樹は音から決めて後で字を充ててます。

で、妄想の続きメールもキャッチ致しました♪
懐かしい!…と言えるほどには馴染みのあるジャンルでないのですが
(済みません、ゲーム禁止の家だったので全然分からなくて…)
AAのために動きを研究とは凄い研究熱心!
研究の成果が生かされた次回作AA (今回のジャンルのも含めて!) を楽しみにしております☆

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ