桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 桜枝作業日誌 » 口にすることのない言葉

口にすることのない言葉

Contents

Writer:
桜枝真央
Category:
桜枝作業日誌
Posted on:
2009-12-20 23:54

 今日は TBS のドラマ「仁 -JIN-」の最終回でした。原作漫画のファンの私、途中の回からですが毎週楽しみに見ておりました。野風さん御贔屓の私はあの終わり方には微妙に納得いかないんですが (原作通り仁友堂で主人公・仁が「両手に花」状態になるところで終わると思ってたので) まあ、それなりに綺麗に着地したかなと思ってます。

 で、劇中で妙に印象に残ってるのが野風さんの口にする花魁言葉でした。中でも「さようなら」という意味の「おさらばえ」、物語の印象深いシーンで現れて「綺麗な言葉だな-」と思ったのですが…あれ、そもそも「さようなら」って滅多に使わない言葉のような?

 色々思い返しているのですが私自身、少なくともここ数年「さようなら」という言葉を使った記憶がありません。お友達と別れる時は「ではまたー」だし、会社を出る時は「お疲れ様です」だし、よく目にする割には絶対口にしない気がします。小説でも大抵「じゃあな」などの軽い台詞で片付けています。「さようなら」って、現実の会話で使ったら永遠のお別れとか絶縁状叩き付けるような意味になりません?

 「アニメ三銃士」でアンヌ王妃とバッキンガム公爵 (昔恋人同士だった) が互いの姿を垣間見るシーンがありました。バッキンガム (まだアンヌ王妃に未練がある) が「Au revoir」とつぶやき、それを宮殿のテラスから見送るアンヌ (自分の立場を自覚して既に吹っ切れている) が「Adieu」とつぶやくんです。前者が「又お会いするまで」の意味で後者は「さよなら」の意味。2人の温度差がよく現れている…とどなたかが解説されていて「なるほど!」と思った記憶があります。となると何処ぞの庭球漫画の某紳士の決め台詞は「アデュー」で間違いないと思うんですが、MALICE MIZER の曲は「au revoir」じゃニュアンス違う気もするなぁ。

||

コメント

Written by
ナオ
Posted on
2009-12-21 21:21

会社のロッカールームで、人がいたら
「お疲れさまです」
その人が「お先に失礼します」と言ったら
「さようなら」
ってほぼ毎日言ってるなー

Written by
sakurae
Posted on
2009-12-22 22:09

うーん、使ってる人もいるんだなぁ (しかも身内…笑)。
山口百恵の歌じゃないけれど、私の場合毎日会う人だけじゃなく二度と会わなそうな人にも
「さよなら」の代わりに「今まで有難う」とかの言葉で誤魔化してる気がする。
表現が婉曲的になっているのは大人になった証拠…?

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ