桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 幽遊以外に一言 » テニミュ観てきました

テニミュ観てきました

Contents

Writer:
桜枝真央
Category:
幽遊以外に一言
Posted on:
2009-08-04 22:54

 お友達のT様にお誘いを頂き、ミュージカル『テニスの王子様 The Final Match 立海 First feat. 四天宝寺』を鑑賞しに行ってきました! 場所は日本青年館 (千駄ヶ谷の近く)、キャストは四天宝寺Bです。最初は「怖いもの見たさ」で行ってきたのですが、いやこれ実に面白い (何だその言葉遣い)! 私は原作を1回立ち読みしただけでストーリーも俳優さんもあまり詳しくはないのですが「普通に面白い」舞台でした。同人屋さんじゃなくてもこれなら楽しめます。まぁ原作知ってる方が面白いとは思いますがね。

 詳細はネタバレになるので控えますが (私にしては珍しい…でも結構喋ります) 全国大会決勝で私が観たかったものは全て入ってました。真田のビンタあり、ヘリコプターATOBE あり、スペア眼鏡あり、ミイラ男あり…試合も驚くほど進んでましたね。まさか試合4つ終わらせるとは思わなんだ。

 まずは舞台初心者の目から観て素直に感動した演出について。テニスの試合の最中にキャストさんが踊り歌い、ネットや応援席が移動し回転し…いやはや、凄い世界ですね。最初は呆気に取られてしまいましたが、すぐに世界に引き込まれてしまいました。試合シーンはライトでボールを表現するんですね。真田や不二の技は案の定ライトに頼りまくってました (笑…風小次舞台を観ているので何となく予想できた次第)。音楽とボールを打つ音がうまくミックスされていて「良くできてるなー」と感心してしまいました (何故に上から目線)。ラケットを手に舞台でダンスするシーンではレフティの選手は他の選手とダンスが逆。この辺も芸が細かくて面白かったです。

 ストーリーは…うん、原作知らなくても結構楽しめると思います (が、キャラの顔と性格は知っておいた方が絶対面白い)。前半の主役・真田 (のっけからやってくれます…彼の登場と同時に客席が笑い出すんだもん) とイリュージョン中に「エクスタシー」を連発していた仁王 (笑) が特に印象に残りました (スイマセン、立海贔屓なので)。青学なら「オレの先輩」という問題発言を繰り返していた海堂 (笑) や「君しか見えない」と歌い踊っていた不二 (笑) とか…。何かやたら「(笑)」が多い文章で済みませんが、本当に笑うしかなかったのです。海堂君は乾先輩にベッタリで「こんなキャラだったかな?」と素で疑問に思いました…。あと所々でキレのあるパフォーマンスを披露してくれた四天宝寺の皆さん! 財前君目立ってるなぁ (原作でこんなに出番あったっけ?)! 客席に何か売りに来てた白石君との掛け合いシーンは会場内大盛り上がりでした。ユウジ君が小春ちゃんとあまり絡まなかったのは残念でしたが…。絡みが少ないといえば立海の (関東大会の) ゴールデンペア・仁王&柳生もあまり一緒にいるシーンがなかったです。立ち位置もだいぶ離れてましたね。応援中も何かやってるような様子はなかったし。

 ストーリーもギャグもほぼ原作に忠実です (省略はあると思います)。原作にない小ネタもいくつかあったのですが私がそもそも原作うろ覚えなので1つだけ御紹介。不二と仁王の試合を観戦中の四天宝寺の某さんがその間不在になります (理由は舞台を観れば分かります)。「何でおらへんかったんやろ」(台詞うろ覚え) というツッコミで会場爆笑! 同じことを青学側でもやってほしかったなぁ。

 開演前と開演後にT様がお買い上げの写真やメモ帳やパンフを見せて頂きました。顔だけ見ると「?」な人も声を聴くと「あー」と納得したりするんですよね。柳さんや海堂君の俳優さんは特にそんな感じ。あと顔だけなら「古川さんの方がいいなぁ」と思ってた不二が、声がすっごくソフトで好みでした。あと済みません、馬場さん…柳生君のビジュアルの方が素より好きです (爆)。

 何はともあれ初テニミュ、とっても楽しんで参りました! これなら他の人にも勧められる (笑)! でも問題は…さっきも言ったように今回で私の見たい物もう全部やっちゃったんですよね。あと残ってる試合ってアレだけだよね…。次の舞台って何をやるんだろう? 原作通りならラストになると思うのですが、私に見に行く理由が残っているのでしょうか…。T様お誘い本当に有難うございました! 前にお借りした立海出演のDVDもじっくり観たいと思います (まだ観てないんかい)。

||

コメント

まだコメントはありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ