桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 桜枝作業日誌 » 言葉使いが上手いなぁ

言葉使いが上手いなぁ

Contents

Writer:
桜枝真央
Category:
桜枝作業日誌
Posted on:
2009-03-01 00:37

 ファンの間でも半ばネタ曲と化している (という程ではないと思うんですが) ON/OFF の「俺だけのミューズ」。T様に CD をお借りしてやっと正確な歌詞を知ることが出来ました。「若い奢り」は「若い驕り」の間違いじゃないかと思うんですが作詞家の方にここで文句言っても絶対見てない (笑…それとも「若いときの贅沢」という意味で、間違いじゃないんでしょうか?)。と言いつつこの歌の詞、2番のサビの歌詞は「上手いなぁ」とちょっと唸りました。

細い糸をたぐるように 抱きしめた
初恋が忘れられない
今は誰と幸せでも…一縷の夢
壊せないよ…俺だけのユース

の部分です。何が唸らされたかって、「細い糸」と「一縷」がちゃんと呼応している! 危うかった初恋が今も細い糸のような微かな望みとして繋がっている…という、この日本語の見事さ。まぁそれだけですが (おい)。あ、そういや先日ニュースで「男の方が初恋を引きずりやすい」的なタイトルを見たのですが、その時真っ先にこの歌を思い出しました…って、これまたそれだけ (おいおい)。

 この曲は間奏のダンスも謎なんですが、それ以上にファンが入れる手拍子のリズムが歌の雰囲気に全く合っていないことが凄く気になってます (飯田橋ライブで見ただけですが…)。あの手拍子ない方が歌に乗れる気がする…。いや! 曲自体はかなり好きですよ! その理由がこの2番のサビにあると、今回はそれを主張したかっただけです。

||

コメント

まだコメントはありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ