桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 画落多倉庫 » 美術専門学校 » ブックレビュー『少年の描きかた キャラデザ★デッサン vol.01』武蔵野ルネ

ブックレビュー『少年の描きかた キャラデザ★デッサン vol.01』武蔵野ルネ

Contents

Writer:
桜枝真央
Category:
美術専門学校
Posted on:
2011-10-30 21:02
キャラデザ★デッサンVol.1 少年の描きかた

キャラデザ★デッサンVol.1 少年の描きかた

  • 単行本(ソフトカバー)
  • 武蔵野ルネ
  • グラフィック社
  • ¥ 1,470 (定価)
  • 在庫切れ (Amazon価格)
  • 0 (私のおすすめ度)
  • 0 (Amazonおすすめ度)
  • 在庫切れ
    (価格・在庫状況は10月20日 3:03現在)

 はー、レジに持っていくの恥ずかしかった…orz 表紙からしてもう少し何とかならないのかと。男性が「萌え絵の描き方」の本をレジに持っていくより恥ずかしいんじゃないだろうか。

 とはいえ、中身はかなりツボを押さえた男の子の描き方本です! パーツ毎のポイントを事細かに解説してあって、女性に多い「パーツ萌え」な人にはかなりお勧め (←勿論自分のことだ!)。

 内容はそれぞれタイプの違う5人の兄弟をモデルに、体の各パーツの美しい見せ方や表情の演出方法など、男性を描く時のちょっとしたコツを教えてくれています。鎖骨とか手などは個人的に重要なポイントだと思うのですが (自分が好きなだけ)、足首の描き方はそうそう他の本で見たことないぞ! 耳の周りの髪がセクシーポイントというのもいつか使ってみたい演出☆ 表紙はアレですが内容はそうでもないと思います。キスシーンの描き方がありますが、まぁ「相手も男」とは書いてないよな←

 著者の武蔵野ルネさんはバレエをモチーフにした作品などを描かれているイラストレーターだそうで、この本の絵はちょっと昔の少女漫画風味ですがかなり基礎のしっかりした方なんだろうな…と想像致します。まあ絵のお上手な方は皆さんデッサンしっかり学んでいらっしゃいますよね。私も昔は漫画家になりたい!と頑張って絵を描いてたけど最近は御無沙汰。当時習得した画力で今も絵を描いてる感じです (その割には絵柄が今も随分変わってるけど)。ふう、練習しなきゃ…てその前に冬コミの新刊の表紙だ。

||

コメント

まだコメントはありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ