桜恋唄
幽遊白書・黒鵺×蔵馬中心、桜枝真央の同人的創作の館

RSS0.91 | RSS2.0 || 桜恋唄 (HOME) » 幽遊以外に一言

幽遊以外に一言

幽遊白書以外の作品について情報・ツッコミ・etc.

Contents

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»

『風魔の小次郎』第3話レポート

Category:
幽遊以外に一言
Posted on:
2007-11-10 08:03
Comment:

 放送対象地区ではとっくの昔に終わっている筈なんですが、ネット配信で追いかけてるので今頃感想です。わざわざ書かなくても…と自身思うこともありますが、うちのサイトのお客様は風小次知らない方が多いので布教のためにひたすら書きますっ。みんなハマれ! ネットで(11/10現在)4話まで無料で見られるんだから!

懐かしい物発掘

Category:
幽遊以外に一言
Posted on:
2007-11-07 23:08
Comment:
「風魔の小次郎」聖剣戦争篇~オリジナル・サウンドトラック

「風魔の小次郎」聖剣戦争篇~オリジナル・サウンドトラック

  • CD
  • 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ
  • 1990-08-22
  •  (定価)
  • 在庫切れ (Amazon価格)
  • 0 (私のおすすめ度)
  •  (Amazonおすすめ度)
  • 在庫切れ
    (価格・在庫状況は11月21日 8:00現在)
「風魔の小次郎~風魔反乱篇」オリジナル・サウンドトラック

「風魔の小次郎~風魔反乱篇」オリジナル・サウンドトラック

  • CD
  • 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ
  • 1992-10-01
  •  (定価)
  • 在庫切れ (Amazon価格)
  • 0 (私のおすすめ度)
  •  (Amazonおすすめ度)
  • 在庫切れ
    (価格・在庫状況は11月21日 8:00現在)

 『桜恋唄』のお客様済みません。ずっと日記サイトで続けていた『風魔の小次郎』の話を今日からこっちに書きたいと思います。あまりに思い入れがあって同人的な話題も出てしまいそうなので。今日は今まで実家に置き去りだと思っていた『風魔の小次郎』の OAV サウンドトラックを見つけてしまいました。何で持ってたんだ私は!? ……て、実家を出た10年前に持ち出したからでしょうね。

 風小次は夜叉編、聖剣戦争編、風魔反乱編の3部に分かれてて各章ごとに OAV が作られています。懐かしいなぁ……今でも覚えてるのが、夜叉編を当時山形のテレビ局で深夜放送したんですよ。ところがその頃丁度父がマイホームを建てて放映日と引っ越しがぶつかったんですね。結局父を通じ、父の職場の方 (学生さんかな?) に頼んで録画してもらったという…。小学生の頃から何やってたんでしょうね私は (死)。

賢木センセイ愛してます☆

Category:
幽遊以外に一言
Posted on:
2006-09-07 20:26
Comment:

 やっべー、サンデー今週号の賢木にまたも惚れたよ (>_<)! 金と権力にしか興味のない医局の面々に嫌気が差し飛び出したインターン時代の賢木さん! 髪の毛もまだオールバックじゃなかったんだねー!! 当たり前のことなのに漫画ではあまり考慮されない、各時代での髪型の違いを絶チルではちゃんと描き分けてくれる (紫穂の髪型も皆本と出会ったばかりの頃と今では違うのよ) ところにリアリティを感じます。いやいや、そんなことどーでもいいんですよ!! もうセンセイ、貴方しか見えない…… (笑)☆ 来週号では船上手術か!? 今週アニメが終わったばかりのブラックジャックも真っ青!? ……ブラックジャックで思い出したけど、アニメの白拍子センセイ格好良すぎだったなぁ (笑)。

 さて何でわざわざ『絶対可憐チルドレン』の話をここに書いたかっつーと、そろそろ本腰入れて絶チル絵描いてみようかと思ったから。他のキャラはともかく賢木は必須 (笑)。むしろ彼しか描かない可能性の方が大。そういやここ何週間か結構長い間兵部さん出て来てないんだよね。ケン=マクガイアが再登場したり賢木さんが大活躍したりしてるんで私自身はあまり気にならないんですが、蕾見さんとの因縁とか伏線張りまくった後に全然出てこなくなったので気がかりではあります。

今週の絶チル話

Category:
幽遊以外に一言
Posted on:
2006-02-10 00:00
Comment:

 御免なさい、幽遊と全然関係なくて。今週の『絶対可憐チルドレン』のお話だ。立ち読みしながら色んな意味で目が点になってしまった。特に突然薫の目の前に現れた兵部はファンサービスとしか思えない…。女性ファンにとっては当然だけど、男性ファンにとっても「やはり皆本は煩悩だらけの夢を見てたのか」と頷かせるための回になっていたような気がする (個人的にはすげーショックでした…苦笑)。あと前から気になってたんだけど、やっぱり兵部さんってヘマした部下にも優しいのね (笑)。

 他にも桐壺さんがヘーコラしてたり海外の敵とのバトルの火種も提示されたり (しかも何故か銭湯で)、ストーリー的に新鮮な回ではあった。が、どうも集英社的な急展開……思わぬ人気で「路線変更」したように見えてしまった私はうがちすぎか? 途中から遠大な伏線を張り始めた『GS美神』とは違い、最初から絶望的な未来を見せてそれをどう回避していくか……がこの漫画の主題だと思っていたので、兵部や「普通の人々」との戦いから話が逸れていくのは何かとてつもなく違和感を感じてしまう。まー面白ければそんなことどうでもいいんだけどね。

 それはそうとマジで日に日に「兵部×皆本」のキーワードでここ来る人増えてるんだけど、うちなんかに来るってことはつまり、需要はあるけど供給する人が少ないってことかしら。夏コミ辺りからどーんと増えちゃったりするのかなぁ。ここは新しいジャンルとして私も参戦すべきですか? ……と言いつつ兵部と皆本以外男性キャラが出揃ってないのであまり面白いこと思いつかないんですけど (笑)。あ、やっぱりあのガングロ兄さん辺りと絡めるのが王道かな?

 追記…今アクセスログ見てたら一人だけ「皆本×兵部」って探してきた人発見 (笑)!

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»

桜恋唄について | 管理人について | サークル情報 | サイトマップ